Our Background日経イベント・プロの
設立経緯
Our Background

日経イベント・プロは、日経グループが展開するイベント事業の中核的な担い手となるため、日経ピーアールのイベント事業本部と日経BPのイベント事業局セミナー・イベント運営部を母体に、2018年10月1日に発足した日本経済新聞社の全額出資子会社です。2019年9月に現在の新本社オフィスに移転。併せて、ビル内に併設された「ステーションコンファレンス万世橋」を大手町、丸の内に次ぐ新たなセミナー開催拠点として利用しはじめました。さらに2020年1月には、日経BPから、同社が主催する展示会事業を担当するチームが合流。セミナー、展示会とも業容拡大の道をあゆんでいます。

前身の日経ピーアール旧イベント事業本部は2005年から、日本経済新聞社が主催する「日経メッセ」「エコプロ」といった大型展示会や日経ビジネススクールのほかに、官公庁・一般企業などのイベント運営も数多く受託。一方の日経BP旧セミナー・イベント運営部は日経BPが開催するセミナーの運営業務を一手に引き受けてきた実績があります。また、1993年の「OPEN SYSTEMS EXPO」から本格化した日経BPの展示会はこれまでに、時代のニーズをつかむ新規の企画を次々と打ち出し、支持されてきました。

日経イベント・プロの社名には、専門集団(Professional)としての自負と責任だけでなく、豊富な経験をベースに新しい発想でイベントの価値を高め(Produce)、顧客創造(Promotion)に貢献する会社でありたいという思いを込めています。

組織とテクノロジーの力をかけ合わせ、3つのProを実践しようと日々努力を重ねています。